電磁波過敏症
電磁波過敏症に対処

2016年にある国際的な事件が一部で報道されていたのですが、ご存知でしたでしょうか?

電磁波攻撃自体は海外では決して珍しい事ではありません!
脳損傷や中枢神経の損傷、認知症やうつ病状態の「ハバナ症候群」が発症!
電磁波攻撃で米国大使館員21人が入院状態になったのです!

電磁波ノイズとは?電磁波傷害とは何か?電磁波過敏症の実態とは?

電磁波過敏症サイト

電磁波過敏症の症状は何故引き起こされるのか!?
有害な電磁波はシールドさえすれば簡単に防御できるものなのか!?
分厚いコンクリート壁でさえも突き抜けてくる有害電磁波を防げる手立てはあるのか!?

電磁波過敏症

生体波動レベル
有害電磁波中和放電装置
「電磁番AZ」

「電磁番AZ」は東洋医学の研究情報から独自に開発されたものです。実際の効果や理論的根拠については一部は関連論文を掲載しています。
東洋医学や波動理論に多少 関心のある方でないと理解しにくい記述部分もあるかと存知ますが、当方としては現段階でご理 解いただける範囲で必要とされる方々に活用いただければ十分だと考えております。


インテリジェンス・電磁波による傷害とはどのようなものか?

電磁波過敏症というものがあるというのを耳にされたことありますか?
もしかしたら、あなたの気になるその不快感は電磁波が隠れた原因かもしれないのです!
慢性的な疲労感、集中力の低下、頭が重い、耳鳴り、不快なめまい、息苦しさ、眼の奥がいたむ、皮膚が乾燥してひりひりする、すく赤くなる、顔がむくんだりほてる、からだが重く疲れる、肩こりや関節の痛み・・・etc
あなたはこの苦痛を誰に訴え相談されますか?
市役所、消費者生活センターや公的機関、警察、病院、弁護士?・・・etc
そしてすっきりと解消されましたでしょうか?

お気付きでしょうか?現状の日本では海外の指向性エネルギー兵器・DEW(directed-energy weapon)といわれる軍事テクノロジーにはまともに対抗すること自体難しい状況に置かれています。電磁波攻撃自体は海外では決して珍しい事ではありません!
すでに、脳損傷や中枢神経の損傷、認知症やうつ病状態を発症する「ハバナ症候群」が海外では問題になりました。電磁波攻撃で米国大使館員21人が入院状態になったのです!
ご存知ですか、海外から違法な電磁波機器も次々と持ち込まれてきています!

謎の脳損傷、米外交官ら130人以上 欧州、アジアでも確認 NYタイムズ 2021/5/13


電磁波過敏対策


「電磁波中和装置電磁番AZ」使用についてのご質問

2021/09/04

電磁波過敏症防御隣からの低周波電磁波と思われる不快な振動や音で毎日悩んでいるのですが、電磁番の効果的な使い方を教えて下さい。電磁波攻撃で不眠症になり困っています。隣の壁(夜中のみ)と天井から(昼夜関係なく)も音が毎日します。不安と恐怖で心が折れています。強弱を調整できるらしく、音が大きくなる(電磁波が強くなる)と頭痛・肩こり吐き気がします。

電磁波過敏症防御ご質問の件ですが、まず最初に電磁波の影響が感じられる方向をしっかり確認していただき、被曝方向の壁に電磁番をセットして防御効果を試してみて下さい。防御は電磁番を携帯していただくか、出来るだけ体に近い壁や天井周辺にセットしていただくのが基本です。指向性のある波動からは強い影響を受けてしまいます。
その波動や振動が隣接する設備に由来するのなのか、あるいは悪意のある嫌がらせ行為なのかの判別も必要です。電磁波過敏症対策
その場合でも対面する四畳半の部屋の壁1面に対して電磁番1個でほぼカバー出来ますが、それ以上に広い部屋であったり、電磁波そのものが広範囲かつ強力な指向性が伴う場合には横にもう1個セットしていただく必要があります。波動の程度や防御範囲ということでは、電磁番1個での対応には自ずと限界が出てきます。

電磁波過敏症と違って、そうした外部からの照射(電磁波攻撃)の場合は強い電磁波で広範囲に被曝してしまうケースが少なくありません。個別に計測していただくと判りますが、一方向だけではない場合はどうしても防御が手薄になり隙間ができてしまいます。電磁波の影響が一方向だけではなく、同時に別方向からも被曝していないかの確認が大事です。
身体に感じる違和感や不快感が強い場合はより防御を厚くするために防御用と携帯用とをそれぞれ使い分けて下さい。いずれの場合も防御の隙間があっては効果が半減します。多くの場合、電磁波攻撃の方が電磁波過敏症よりも深刻な被害を受けることになりますので、この点を十分認識していただく必要があります。

窓ガラスの場合も基本的には壁と同様ですので、窓際、窓上下の壁のどの位置に電磁番をセットされていただいても結構です。防御のポイントは電磁波の被曝方向と電磁番の防御効果の程度をそれぞれ比較して頂き、セット位置の高さを少しずつ調整していただくとより効果が発揮されます。
また音波(電磁波)攻撃の周波数が度々変動しているような場合は、電磁番を壁や窓際に定位置で固定せずに紐などで吊り下げる方法でより防御効果をアップできますので、被曝の状況に応じて実際に試してみて下さい。
また振動や音が影響している際には、室内の家電製品や金属製品そのものが電磁波に共振して増幅現象を発生していることがあります。電磁番による防御と同時に、室内に置かれている家電製品の配置を換えていただくことで室内環境が改善される場合があります。(室内の模様変え)
電磁番がぷるぷる震えたり、振動するのも大丈夫です。感覚で捉えられていても、身体側に防御セットしておられれば、まず身体には影響ないと考えて下さい。

荒い電磁波は下半身も攻撃してきますが、腰やお腹も適宜電磁番を当てて防御いただきます。荒い電磁波や波動は身体にぶつかってくるとビリビリします。
隙間のどこからか漏れ出てきているわけてすから、それを探して塞ぐ手掛かりにして下さい。 振動そのものは防御の時の反動ですから大丈夫です。 たとえると、土砂降りの雨の中を傘を差していくような感じですので、傘に跳ね返る雨音や反動が感じられるのと同じですので、当然強い雨脚のときほどその反動は大きく感じられます。 ビリビリ感じて怖がる必要はありません。攻撃されていることが感覚として捉えられているのですから、この場合は意識して身構えておられるのと同じです。
身構えるとは、身体自体が攻撃に対してすでに防御態勢を取っているわけですから心配されなくていいのです。あとは小さな防御の隙間を塞がれたらいいのです。

手順としては、今まで置いていたところから移動させてみる。外してみる、置くのを増やしたり、減らしたりしてみる。さらに重ねたりしてみてください。
すべて試してみてご自分の身体が楽になるかどうか、不快感が軽減するかどうかどんどん試してみて下さい。防御のフォーメーションはカッチリと固定してしまうものではなく時々組み直して戴くものです。 何らかの感覚、痛みを感じると言うことは防御の隙間があると言うことなのでいままでの防御フォーメーションの枠を組み直して下さい。

いつまでも同じフォーメーションのまま放置すると隙間が作られることがあります。この場合防御をすべて変えたり取り除いてしまうのではなく、別の角度から防御し直してみるというふうにお考えください。
隙間や死角のありなしは、ご自分の身体センサーで次第に分かるようになりますから、その場合、チカチカ、ピリピリしない方がより防御力がアップしたことになります。


先日のことですが、当方の電磁番を長年愛用頂いているユーザー様より5G電磁波についてのお問い合わせがありましたので、その一部を紹介させて頂きます。

電磁波過敏防御 「こんにちは。数年前に電磁番を頂いて使わせて頂いています。初めてスマートフォンを持った時に手がピリピリして電話をすると耳の奥が痛くて、色々良いと言う商品を使っても今ひとつすっきりしなかったのが電磁番で魔法の様に違和感がなくなり普通に使える様になり本当に助かっています。 今回、AZとなっているので前より進化したのでしょうか?
スマートフォンの買い換えの時期が来ているのですが、5Gのスマホの時代になりまた電磁波のことが心配です。電磁番AZで5Gスマホから出る電磁波の問題も乗り越えられると思われますでしょうか?
お返事頂けましたらありがたいです」

電磁波防御電磁波過敏防御「○○様、ご連絡ありがとうございます。
また日頃より電磁番をご利用頂きうれしく存じます。
ご質問の件ですが、電磁番AZは改良型の新製品ということになりますが、ベーストなる基本性能自体は電磁番の防御機能を継承してより強化しています。従来の電磁番は普及品、汎用製品という位置付けです。
電磁番AZは製品は住宅関連機器の専門業者様向けにも開発しており、マンションや大きな建物に使用して頂けます。
今回「5Gのスマホの時代になりまた電磁波のことが心配」とのことですが、いよいよ電磁番の本格的な活躍の場が出て来たものと当方では考えております。詳細につきましては「5G対策と電磁番AZ」のページをご覧下さい。カネマサ健康通販」


電磁波過敏防御マンションの階下の住人とトラブルになり、執拗な電磁波攻撃を受けています。電磁番による防御方法を至急教えて下さい。

電磁波過敏防御ご連絡ありがとうございます。
電磁波攻撃そのもの目的は、相手により大きな恐怖感を与えようとしていますから、まずそうした攻撃を怖れてしまうことはかえって相手の思うつぼということになり兼ねません。

執拗な攻撃でもしっかりと防御体制をとれば大丈夫ですから、マニュアルをよくご覧になって攻撃の隙間をなくすようポイントを絞り、日常的に長く過ごされる部屋を中心に電磁番を配置してみてください。
攻撃に対しては慌てたり、怖がったりされずに室内をしっかりと防御されれば大丈夫です。
マニュアル書いているように、電磁番を三角形にフォーメーションを組まれて防御はされましたでしょうか?
電磁波攻撃は執拗に防御の隙間を狙ってきますが、電磁番は強い攻撃にも対抗できます。

強力な電磁波攻撃で電磁番がプルプルと振動したり、あるいは壁から弾き飛ばされたりすることがありますが、それでもしっかりと防御機能が働きます。
電磁番の数による防御も必要ですが、マニュアルにありますように重ねてセットしたり、あるいは三角トライアングルの形で防御のフォーメーションを構えて防御体制をとっていたたくことが防御の基本です。
室内でも体には密着させるように、電磁番を常時携帯して防備しておられますか?
使わない家電は片付けましたか?
電磁番を壁側に吊り下げたり、ポイントに貼り付けたりされましたか?

しっかり防御したら大丈夫ですから、マニュアルをよくご覧になって攻撃の隙間をなくすようにして、寝室や居間を中心に電磁番を配置してみてください。
慌てたり、怖がったりされなくてもしっかりと防御いただければ大丈夫です。
添付されている防御マニュアルは、これまでにも多くの方との電磁波防御を試行錯誤しつつ作成したものですので、細部までお読みいただき参考にして下さい。
しっかりと防御して構えれば、執拗な攻撃も排除できます。

電磁波攻撃に気を取られ惑わされないでください。
悪い意味での同調はしないということが、防御する際のポイントです。
電磁波攻撃に怯え弱気になると、相手はそれだけつけ込んできます。
電磁番を室内に配置し防御していただければ大丈夫です。
相手はまず電磁波による異常感覚を引き出し、さらにそうした感覚に集中した攻撃を持続的に仕掛けてきます。

そうした異常感覚に惑わされ、弱気にならないことが大事なポイントなのです。
電磁番は相手の出力強度に合わせて、防御能力がアップしていきます。
相手の攻撃が増してもそれに対抗して2倍、3倍、5倍と能力が強化されますので、新手の攻撃が加わってきても対応出来ます。
常に身体防御を今までどおり継続してください。
電磁波攻撃の強度によって身体反応には違いがありますし、防御効果によっても変化してきます。

攻撃が強いとき ビシビシ、バンバン叩かれる感じで痛みがある。嘔吐する。体を何かに押される感じがある。      ↓
攻撃が中程度の時 皮膚や顔の火照りや痒みがある。手足が勝手にぴくぴく動き引きつる。頭痛・耳鳴りがある。
       ↓
攻撃が弱目の時、 もぞもぞ感、皮膚のピリピリ感がある。
防御の程度によっても、効果には個人差はありますが電磁波攻撃を受けたときの感覚が次第に変わってきます。自己防御の改善を目指しましょう。

室内では、防御のフォーメーションを構築していると、外部からの有害な波動は侵入が出来なくなります。
出来るだけ相手に干渉されない、攻撃されない防御のためのフォーメーションを個別に作り上げてください。
攻撃が続くときは、出来るだけ毎日毎回防御パターンを変える必要があります。
皆さんには、週に2回はパターンを変えていただくようにお勧めしていますが、これも次第に慣れてきます。
要領が分かるようになると、パッと最適の防御のフォーメーションがセット出来るようになります。
決して悲観したり、諦めたりしないで下さい。同じような苦しい状況から解放された方は幾人もおられます。

攻撃を受けているという違和感があるということは、やはり防御の隙間がどこかに出来ているということになります。
どこにその隙間があるのかは、ご自分の過敏になっている身体センサーで探すしかありません。
三方から、四方から攻撃がある、あるいは階下からの攻撃を感知されているのであれば、それに素早く対処してください。

誰々とかどこそこからとすでに感知されるのであれば、そちらに防御のポイントを集中してください。
無駄な防御ではなく、ご自分で最良の防御体制を作り上げていってください。
受け身のまま、攻撃されっぱなしでは苦しくなるだけです。
気弱になる必要はありません。

環境が変わったら、その都度新たに防御のためのフォーメーション体制を作り直す必要があります。
まず吊り下げ方式を基本の三角トライアングルの形に電磁番をセットしてみる。
部屋の中に攻撃を助長している家電製品があるのかもしれません。
一つずつ家電を片付けて、身体反応を比較してみて下さい。
室内にあるインテリアなどの金属製品もできるだけ除外して下さい。

多くの場合見落としがちですが、意外にも室内家電や金属製品は電磁波に同調し、さらには波動を増幅することがあります。
これが思わぬところで干渉してくるのです。

電磁波攻撃は執拗に身体攻撃を繰り返してきます。
もっとも反応の出やすい身体部分を攻撃してきますので、継続されると被害者は精神的にまいってきます。
不眠や自律神経の乱れが続くと、体調が悪くなり気分的にも鬱になってしまいがちです。
この時点で医療機関に駆け込まれる方も多いのですが、まったく対応はされません。
まず保健対象にはされません。最悪たらい回しされ心療内科に回されます。
皮膚に熱間を感じる、じりじりする、手足がびりびりして引きつったり
勝手にぴくぴくする。(体表面への攻撃)
光がきらめいたり、映像、人の声が聞こえてくる。(感覚器への攻撃)

こちらの動きに合わせて追いかけてくる感じで、監視されているような違和感を覚える。
こうした反応は身体の敏感な準静電界が電磁波で干渉され乱さるからで、異常な感覚として感じられてくるのです。

電磁波攻撃の場合は、次第にその攻撃してくる方向がわかるようになります。
通常は一方向ですが、多くても二方向です。
部屋別ではキッチンや寝室がもっとも被爆しやすくなります。(マニュアルを参照ください。)

電磁波攻撃では部屋の電気製品・金属製品を介しての反射で電磁波を同調増幅させてくる場合があります。
そのため不要な家電製品などは、すぐさま片付けていただく必要があります。
防御するのに防御の盾が多い方がいいのはもちろんです。
それと相手は防御していても、守りが薄いところ、そうした隙間を狙って攻撃してきます。
とはいっても防御の数だけを無闇と増やしても拉致があきません。
お家の中での生活でもっとも長く過ごされる部屋を中心に防御されるのが効率的です。
被害を受けている方は電磁波被曝により過敏になっているので、電磁番のセット位置で身体反応が変わることが自覚できましたら比較検証して頂きます。

自分の体をセンサーとして電磁波被曝を回避していくことが出来るようにもっていきます。
これによって、防御に必要なセット位置や必要な個数が次第に分かってきます。
電磁波防御の手順は次の通りです。
1 まず攻撃方向とその時間帯を特定する。どの時間帯が酷く感じられますか?
2 どんな苦痛、身体反応が現れているのか逐一確認する。どの部屋のどの位置が不快感が増しますか?
3 使わない室内家電はコンセントからコードを抜く。就寝時には家電のコードは抜いていますか?
4 寝室やベットの位置を変えてみられましたか?
5 窓際、壁際の防御パターンはいくつ試されましたか? 電磁番をぶら下げる位置をいくつか変えてみましたか?
6 部屋にある金属製品、家電は片付けましたか?
7 使わないときは携帯・スマホ・パソコンは別の部屋に置いておいて下さい。
8 車に乗られるときも、車両エンジンにからの電磁波も防御の対象です。
9 重要ポイントでは、電磁番を二重・三重に重ねるなどして防御してみられましたか?
10 被害を受けている方は電磁波により過敏になっているので、室内でも常時電磁番を携帯して防御して頂く必要があります。

身体が過敏なセンサーになっておられる場合は電磁波測定器は不要です。
その場の強さは測定出来ても、その電磁波がどこから飛んできているかは分かりません。
また必ずしも測定出来た電磁波だけが原因かどうかも特定出来ません。
電磁波防御
室内には放送電波や携帯電話の電波が常時飛び込んできますし、さらにこれに生活環境から発生する家電電磁波も溢れかえっています。
電磁波測定器は、ただ測定値を出すだけで防御の手立てにはなりません。

相手が意図的に執拗に攻撃してくる場合には、防御されていることが分かると出力を上げたり、多方向からの攻撃をしてくるケースがあります。(同様の事例がいくつもあります)
これに対しては油断することなく、より防御を厚くする対策を取りますし、有効な防御策ももちろんあります。

マニュアル・電磁番のセット方法をしっかりお読み下さい。
こうした攻撃は6ヶ月から1年ほど続く場合があり、長いケースで2年というのもあります。

最終的には相手が止めてしまいますので、その間苦しくても安易に薬物で症状を抑えようとはされない方がよいです。


電磁波過敏防御「電磁波攻撃を受けると頭頂部がスースーしてくるといいますか、変な感じになります。痛みはないです。歯は前歯が知覚過敏のようなキンキンとする感じです。奥歯はむし歯になったようなジンジンした痛みがたまにきます。また、お風呂でも攻撃されるのですが、家の構造上防ぎきれない部分があり困っています」

電磁波過敏防御おっしゃっている感覚の中には、電磁波によるものと云うより、防禦効果による打撃感覚に近いものかもしれません。
これは防御の際の反発感覚かも知れません。

電磁番で防御していると、有害な電磁波を弾き返す感覚が感じられるときがありますが、それはちょっとした跳ねるような感覚だったり、振動だったりします。
敏感になっているときは、これが異常な感覚と勘違いされる場合があります。
痛みが伴わないのであれば、まず心配はいりませんのでご安心下さい。

お風呂場の違和感は換気扇が主な原因箇所になります。
換気扇については多くの事例があります。
この場合はまず換気扇近くに電磁番をセットしてみて下さい。

電磁波攻撃での痛みが伴うときは一番苦しい時期ですが、ここでは落ち着いて状況を見定めて防御体制を構築してください。
室内の家電製品が攻撃を中継してしまっていることもありますし、寝室が攻撃を受けやすい位置にある場合もあります。

電磁波ノイズは皮下の筋肉表面に特に溜まり易いのです。痛みを伴うときは、身体に溜まっている電磁波をマニュアルに書かれているようにセットして時々抜いてください。やり方は簡単です。

受ける感覚を弱めるためにセット位置をいくつも変えて試してみてください。

前面に2個がいいのか、1個の方がいいのかセット位置をもう少し上げ下げした方がいいのか頭にセットした方がいいのかご自分の身体そのものがセンサーのように過敏に反応しているわけですから、逆に相手の攻撃の変化を確認してみましょう。
変化に気づけば対応策が取れるようになります。

夜眠れなくとも薬物は使用しない方がいいです。
電磁波による不快な症状には薬物は効果はありませんし、かえって自律神経の不調をもたらします。
マニュアルを何度もお読みいただき、最適の配置を探してみてください。

室内の家電製品が同調増幅している場合もありますから、使用しない家電は片付けてください。

室内でも防御ためかならず電磁番を携帯してください。

身体全体をいくつもの電磁番で被ったら効果が完璧かというと、そうではありません。
電磁番は防御の空間領域を作りながら、飛来照射されてくる電磁波を捕らえるので、複数個同時に使う場合は一個ずつのバランスをとるための間隔が必要になります。

それぞれの働く空間領域があまり密に重ならない方が、1個ずつの効果がよりよく働くことになります。
多数個使って効果がある場合と、それほど効果が発揮できないときがあります。
要はもっとも効果を出しやすいセットの仕方、並べ方を個別に探し出す必要があります。

これには、慌てずにしっかり状況を確認して最良の防御のフォーメーションをご自分の身体センサーを使って見つけ出さなくてはなりません。
お部屋のどの位置にセットするのがいいのか、数はいくつセットしたときが効果的なのか、続けていかれると少しずつ分かってこられます。

諦めないでください。
諦めてしまえば、攻撃してくる相手を喜ばせるだけです。
何度も云いますように、マニュアルに解説しているようにセット位置を色々と工夫していただく必要があります。
また強い攻撃の場合には、相手が捉えにくいように電磁番をぶらんと紐で窓際に吊り下げてみてください。

下からの攻撃でも紐を長くして床すれすれに揺れるように吊り下げてみてください。
電磁番が常にゆれて定位置に置かれていないことで、レーザーポインター攻撃には防御効果があります。

床面にも三角形に基本のフォーメーションを直接組んでみてください。
正三角形でなくてもいいですので、任意に三点のポイントが出来るように床に並べてみて下さい。
間隔も自由に広げてみて下さい。

どの形が攻撃パターンに防御としてもっとも働くか、いろいろと並べ替えてみて下さい。
床面ですから、吊り下げて試すよりは格段にやり易いかと存じます。
下からの執拗な攻撃に対しては足下のスリッパに電磁番をセットしたりして、防御を工夫して下さい。

電磁番は電磁波防御のアイテムですから、自由な発想で使って頂く方が電磁波環境下では効果をより発揮します。
電磁波攻撃は、人体の感覚や準静電界を攪乱して異常感覚を引き起こししてきますが、負けないで下さい。挫けないで下さい。


電磁波過敏防御「電磁波の防御として1つでは足りず頭に2つ付けているのですが、まだ充分ではありません。頭の防御はどのようにすればよいでしょうか?」
電磁波過敏防御頭部の場合は、マニュアルにあるように帽子を被りその中に電磁番を入れておくか、帽子の前面にセットいただければ防御が効きます。
ちょうどヘルメットを被ったような形となります。

お仕事中などは帽子を被ったままというのは支障があるかと思いますが、出来たら頭頂部に1個装着して頂ければと存じます。
必ずしも2個でなくても防御出来ます。
多くの場合、後頭部が攻撃されやすいので、少し頭頂部から後頭部よりにセットして頂いても良いです。
これも工夫次第だと思います。

洋服のポケットなどに携帯して頂くほかに、身の回りのバックなどにも入れて置かれるといいです。
また机の引き出しなどご自分の仕事エリア部分に設置されるといいですよ。
電磁番は袋に入れたり、ビニールやゴム、布、箱などで被覆してもまったく機能はかわりませんので、気付かれないようにご自分の身の回りを防御エリアにして囲んで下さい。


電磁波過敏防御「新たにチリチリとした電磁波攻撃とレーザーがすごすぎて眠れません。全身チリチリとスースーします」

電磁波過敏防御新たな攻撃というよりは、今感じておられるチリチリ感とかスースー感は、防御しているときの感覚ですから心配いりません。
あとパンパン、ピシピシ感なども電磁波防御の反動の場合があります。
異常感覚に注意を向けると、より同調しますので出来るだけ無視しましょう。

もしこれ以外に不快な痛みを感じる場合は、防御に漏れ(隙間)があるのと室内に電磁波に共振・増幅している器物・家電がある可能性があります。

よく部屋の中を見回してみていただき隙間を塞ぐか、不要な器物を部屋から出していただくかしていただく必要があります。
就寝されるのであれば、別の部屋に換えてみたりされたりしたらどうでしょうか?

電磁波過敏防御「おはようございます。夜は、足の方のフォーメーションを変え、2つ重ねたら低周波が和らぎました。そして頭のほうの壁に頭に合わせるようにつけて寝たのですが、剥がれて下に落ちていたせいか、朝起きたら頭が少しガンガンしてました。ですが、レーザー攻撃がなくおかけ様でぐっすりねむることがてきました。本当にありがとうございます」

「夜は配置方法等考えて置いたところ、少し低周波は感じましたがレーザーポインターからの攻撃がなく、おかげ様で久しぶりにぐっすり眠れました。紐でたらしたのもよかったのかもしれません。本当に感謝しかありません。本当にありがとうございます。まだ油断はできませんので、これからもしっかり防御していきます。これからも何卒宜しくお願い致します」

「おはようございます。返信していただきどうもありがとうございます。スースーは攻撃ではないのですね。少し目眩がともない気分が悪くなるので気になってしまったのですが、なんとか気を違う方に向けようと思います。また、夜は、3角形にして配置バランスが良くなったおかげでレーザー攻撃がなく、ぐっすり眠れました。本当にどうもありがとうございます。なんとか生きてこれているのは電磁番のおかげです。これからもしっかり防御していきます」


電磁波過敏症防御毎日嫌がらせをされています。病院は何科に行けば少しは楽になりますか。教えて下さい。毎日、電磁波攻撃されて、病院ばかり行っても異常がないので、頭や、耳や、体が痛いのに。 病院は、何科ですか?

電磁波過敏症防御 お尋ねの件ですが、残念ながら日本の病院では電磁波による傷病には、専門的な診断も治療もやってもらえませんし、電磁波過敏症ということでは肝心の保険治療も適応されません。 電磁波過敏症は保険治療の対象ではないからです。
もちろん病院で通常の検査を受けられても身体的異常は検出されませんので、したがって治療用の薬物もありません。
他の薬物で安易に症状を押さえようとすると、かえって体調を崩すことになります。

電磁波過敏症防御 同じように過敏症の方や電磁波による嫌がらせを受けている人は少なからずおられますが、実際に立証することはまず不可能です。社会通念としてもほとんど認知はされてはおらず、日本ではそのような少数の被害や傷病はないことになっています。
当然ながらそうした被害に対応してくれる医療機関も公的機関もありません。
電磁波被曝の実態や危機管理については欧米に比べて社会的な関心が低いともいえますが、現状での最良の方法としてはそうした被害に対して自分で自衛していくしか方法はありません。
具体的な自衛方法や対処法については当方のホームページをご覧ください。


電磁波過敏症防御 電磁波の症状で倦怠感、痺れ、かゆみがあります。電磁番使用の際に、好転反応として一時的に症状がひどくなるような事はあるでしょうか。

電磁波過敏症防御 過敏症の出ておられる方では、好転反応は出る場合と出ない場合とがありますが、基本的には過敏症などの症状が酷く出ておられるときに敏感な方では一時的に湯疲れに似た感じが出る場合があります。どちらにしても好転反応自体は一時的で軽いものなので、ほとんど気にはならない程度ということになります。


電磁波過敏症防御昼間、体を休めている時の症状がひどいので、ベッドのスプリングからの電磁波対策をしたいのですが、その場合は電磁番をどのようにセットしたらよいでしょうか。

電磁波過敏症防御 まず使用方法、セットの方法の解説書資料を同封いたしますので、詳細はご確認いただけます。
ベッドのスプリングはとくに電磁波が集まりやすい構造となりますので、就寝時には枕の下や敷布団の下にセットいただくとよいです。身体の側面に置いておかれても結構です。
実際にはセット部位を変えていろいろと試していただくと、ご自分でももっとも効果的な位置が分かってこられると思います。


電磁波過敏症防御 ご連絡ありがとうございます。「電磁番」での予防対策をしつつ過ごしていれば、長い目で見て、電磁波過敏症は解消するものでしょうか。

電磁波過敏症防御 電磁波過敏症は防御しつつ生活すれば必ず回復するというふうに皆様にはお伝えしております。実際には、体調(電磁波の影響で)を崩して入院されておられた方や過敏症でお仕事を辞めようとしておられた方、都市部で自営業を止めて田舎に帰っておられた方が、元の仕事に復帰されたというご報告もいただいております。電磁波への耐性が備わって元の体調に戻られると思います。
特に職場環境において、レジスター、コピー機が傍近くにある場合は出来るだけ身体との距離を置いた方がよいです。
通常は1個携帯していただくのですが、長時間のパソコン操作など電磁波の影響が強い場合は体の前後に鎧のようにセットしていただくとよいです。


電磁波過敏症防御 車内でも貼り付けて使用できるようですが、夏場などは、車を降りる際にははがした方が、安全でしょうか。(商品が燃えないように)。また、例えば病院へ行った際に身につけていると、医療機器に影響したりする心配はないでしょうか。

電磁波過敏症防御 車内にセットされていても夏場の車内で発火して燃えるようなことはありません。
通常のゴム製品が発火する高温(発火点350度以上)にまで上昇しない限り燃えません。当方は20年以上車に設置したままにしておりますが、支障はありません。
医療機器に影響はありません。以前MRI検査がうまくいかなかった方が携帯してみたところ、うまく撮影ができたということを報告されていました。


電磁波過敏症防御 身につける際、ゴム面とスポンジ面の、どちらが体側になった方が効果があるというのはありますか。ポケットに入れていても効果はありますか。

電磁波過敏症防御電磁番には機能的な裏表がありません。どちらでも同じ効果が出ます。ポケット、カバン、帽子内、どこに携帯されても防御効果があります。


電磁波過敏症防御ラップで包んで身に付けようと思うのですが、でんじばんに汗がついたり蒸れたりした場合、拭いたり、日に当てて乾かしたりしても大丈夫でしょうか。

電磁波過敏症防御本体は完全防水ではないというだけで、多少濡れても大丈夫です。ラップや布に包まれても機能は変わりません。すべて大丈夫です。


電磁波過敏症防御 さっそく防御のために電磁番を壁に貼り付けておいたところ、いきなり壁からはじき飛びましたが、これが何度も起きます。また電磁番をテーブルの上に置いていたところ、触れたりもしていないのに独りでにブルブル震度していてびっくりしました。こうした不思議な現象はどうして起こるのですか?

電磁波過敏症防御周囲の電磁波の影響が強い環境下でときたま見られる現象です。電磁番が電磁波に反応して中和変換する際に発生します。これは電磁番が正常に機能している状態で、しっかり電磁波に干渉して防御効果を発揮している証拠ですので何らご心配はいりません。

同じように盗難防止システムが設置されている店舗では、電磁番を携帯したまま入店されますと出店ゲートでのレーダー電磁波に干渉して中和変換してしまうため、警報機が誤作動してしまう場合がありますのでご注意下さい。


電磁波過敏症防御 電磁番は、2つ重ねて使っても大丈夫でしょうか?
あと、水はダメのようですが、ビニール袋にくるんで使っても問題ないでしょうか?

電磁波過敏症防御電磁番は重ねていただいても結構です。重ねた分防御効果は高くなります。電磁番は完全防水ではないというだけで濡れても大丈夫ですが、長期間はお勧めではありません。
ビニールもしくはラップ類で包んでいただければ、お風呂場でも大丈夫です。


電磁波過敏症 でんじばんを使用していたのですが、購入した当初はそれなりに効果を感じていたのですが今はほとんど効果が感じられなくなってきました。これって故障しているのでしょうか?

電磁波過敏症ご連絡ありがとうございます。ご質問の件ですが、それは通常よくある現象で故障ではありません。
周りの電磁波の環境がそれまでの状況と変わってきしまうと、どうしてもそのような感じになります。常時同じ方向からの同程度の電磁波に影響を受けているわけではなく、生活空間の電磁波環境そのものは強さも方向も常に変化しています。都市部などでは周囲の電磁波環境は日々悪化しつつありますから、被曝する周囲の電磁波レベルも常時変動していることになります。
近隣に電波塔が設置されたりして、屋外から照射される電磁波も方向や波長そのものが揺らいで変動します。また新たに家電製品を購入されたような場合にも室内の環境に変化が起こりますし、屋外の電波塔が増えても同様に変動します。

こうした電磁波環境の変化に合わせていただくためにはいつもと同じ位置ではなく、ときおり電磁番のセット方法や配置の条件を変えて比較していただく必要があります。
いずれの場合もセットされる位置を固定したままにせずに、できたら週に1度程度はその場所を変えていただくとより効果的です。
通常電磁番1個で防御できる範囲は、最大でも四畳半の部屋の壁1面程度です。それ以上の広い部屋や電磁波の飛来する方向そのものが変動して増えたときには、現在の防御だけでは不十分な場合もありますので、出来たら電磁波測定器で測定し直して検証していただくと変化の程度が分かると存じます。
特に指向性の強いしつこい電磁波攻撃の場合は、ある程度の期間根気よく個別に対応していく必要があります。


●電磁波過敏症とはどのようなものか?

電磁波過敏症サイト

電磁波過敏症とその判別方法について

20世紀末になって先進国を中心に徐々に認知されだした特異な症状ですが、近年日本でも「電磁波環境での過敏症」と呼ばれるようになってきています。

電磁波攻撃対策

実際に、周囲の人よりも電磁波に過敏なため、家電製品など身の回りのにある機器からの微弱な電磁波を浴びただけでも、身体に不快感を覚えたり頭痛や吐き気を訴える人がいます。

アメリカでも「化学物質過敏症」と並んで患者の数が年々増える傾向にあるということです。

最初にこの症状に注目したのはアメリカの医学者ウィリアム・レイ博士であり、彼によってこの傷病名は命名されました。

アメリカのダラス環境医学センターで過敏症患者の治療にあたっている同博士の報告によると、化学物質過敏症と電磁波過敏症との併発率は非常に高く80%にも及ぶということです。

電磁波過敏症を訴える患者の特徴は、最初に目、皮膚、神経など頭や顔面周辺に症状が集中的に現れます。

この状態がさらに進むと呼吸困難や 動悸、めまいや吐き気、しつこい疲労感や鬱を伴う頭痛や短期的な記憶喪失、突然の失神、手足のしびれや麻痺が現れてくる過敏症の人もいます。

傷害の様相事態が患者本人の主観的な自覚症状によるものが殆どであるため、病態の把握や検証作業が限られた範囲でしか評価されていないのも事実です。

いわゆるノイローゼや神経症と混同されがちですし、欧米でも実際にElectric Hyper Sensitivity Self Reported(自分でそのように報告をしている電磁波過敏症)という表現もされる場合もあります。

電磁波過敏症として、これまで下記のような多様な症状が確認されています。

電磁波過敏症の海外情報

電磁波攻撃対策

ウィリアム・レイ博士による電磁波過敏症の13の症状分類
(括弧内は捕捉分)

1. 視力障害(白内障・緑内障・網膜剥離)、目が痛い、目のおくが疼く

2. 皮膚が乾燥する、赤くなる、湿疹(圧迫感・体が熱く感じる・発汗・ひや汗)

3. 鼻づまり、鼻水など

4. 顔がほてる、むくみ、顔面の湿疹、ピリピリ、チクチクした不快感

5. 口内炎、歯周病、口腔内がメタリックな味がする

6. 歯や顎の痛み

7. 粘膜の乾燥、異常な喉の渇き

8. 頭痛、短期的記憶喪失や鬱症状

9. 異常な疲れ、集中力の欠如 (イライラ感・難聴・平衡感覚障害等)

10. めまい、耳鳴り、気を失いそうな感覚、吐き気

11. 首筋や肩のこり、腕の筋肉や関節の痛み

12. 呼吸困難、動悸 (口や手が震える・不整脈)

13. 腕や足のしびれ、麻痺

※これらの症状がすでに発現している場合は、持続的な電磁波被曝環境下ではさらに症状が悪化してしまいます。
過敏症の方は苦痛に耐えられなくなって、電磁波環境を意識的に忌避するようになります。


電磁波攻撃対策

症状が悪化すると送電線の近く、電車の乗車、車両エンジン、一般家電製品、照明器具、パソコン、携帯電話の使用、歯科のレントゲンや医療器具、自動ドア等の電磁波にも過敏に反応するといった特異な症状が現れます。

電磁波対策先進国のスウェーデンやデンマークでは電磁波過敏症は広く認知され環境基準や公的保健の対象になっていますし、対策が進んでいるスウェーデン政府では電磁波過敏症患者を障害者と認定しています。

電磁波過敏症の先駆的研究で知られるウィリアム・レイ博士自身も病院の医療機器の電磁波に過敏反応し、体調の不調を感じていたこともあって、電磁波傷害の研究を進めると共に専門クリニックを開設して患者の治療にあたっています。

同様の事例として、ノルウェー首相を歴任し、著名な小児科医でもある前WHO(世界保健機関)事務局長(2003年7月任期満了で引退)の グロハルレム・ブルントラン女史が、2002年3月9日付の地元ノルウェーの新聞(Dagbladet紙)で自身が「電磁波過敏症」にかかっていることを告白しています。

最初は携帯電話を使うと耳の周辺が熱くなり、次第に症状が悪化し頭痛が起きるように なり周辺4m以内の携帯電話に反応するようになった。

更にDECTコードレス電話や ラップトップパソコンに触れると即時に反応するようになった。彼女は携帯電話やパソコン からでる電磁波に対して過敏に反応する人達がいるということを真剣に考える必要がある と確信し、とくに子供たちに対しては予防原則に従って行動すべきだと強く訴えています。


電磁波過敏症といっても一般の医療機関ではほとんど認知されていないのが現実だ。

では一連の不快な症状、苦痛を伴う痛みなどが電磁波の影響によるものかどうかはどうしたら分かるのだろうか?

つまり家庭内でも何らかの分かりやすい「判別法」があるかどうかということだ。

簡単な方法は、日常一番身近にある電気製品(テレビや蛍光灯)のスイッチを入れた状態でその傍に近づいた場合と数メートル離れた場合とで自覚している症状の変化を実際に比較検証してみることである。

電磁波に過敏になると、身体全体がわずかな電磁波にも反応するいわゆる感知センサーのような状態になる。


電磁波発生源に近づいて不快感が増したり痛みが増すようであれば電磁波の影響があることが疑われる。

また身体の痛みの部分がはっきりしているのであれば、身近にある磁石を患部に当ててみたり細かく振り動かしてみる方法がある。

磁石のN極とS極を相互に当ててみて、はっきりした痛みの増減や筋肉のつっぱり感に変化が生じる場合は 電磁波による障害の可能性が高い。

電磁波過敏症の場合はわずかな磁場の変化にも身体が反応するからである。

対策としては、とりあえず身の回りから疑わしい家電製品や照明器具を取り外して様子をみてみる必要がある。


電磁波過敏症と対応について

「環境改善アイテム電磁番AZ」は、 1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。(※電磁波過敏症の不安のある方、すでに過敏症で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)
これまでにも、当方の電磁番AZをご使用いただきそれまでの電磁波の悪影響から開放された事例は幾例もあります。
当初半信半疑で使ってみたところ、思いがけず不快感から開放されたとして喜ばれております。

これまでに当方へ寄せられた「環境改善アイテム電磁番AZ」に関するご質問にお答えいたします

電磁波攻撃対策下記記述はすべて、あくまでも電磁波過敏症に苦しんでおられる方のための情報です。 日本国内の一般論ではありませんので、誤解のないようご注意下さい。

電磁波による傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないと思います。
ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って解説していますが、これらは日本国内でひろく社会問題としてのレベルで議論されていることではありません。
健康被害があるとしても極わずかな少数意見でしかありません。

このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があります。
喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」が最大の関心事ということになります。

よって当方は、各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」にはまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。

また、電磁波中和放電効果について科学的議論を一方的に求められることがありますが、残念なことに「電磁波過敏症などの障害」自体、「科学的定説」としてほとんど認めてもらえない国内的社会的背景があります。
少数の電磁波過敏症に苦しんでいる方がおられるということさえまったく無視されているわけです。
そうした状況下のもとで、科学的根拠だけをことさら前面に出しても意味がありません。
「環境改善アイテム電磁番AZ」は、少数の、それも必要とされる方に使っていただくというポリシーのこだわりの製品です。
電磁波被曝からの苦痛からまず開放されることが、より現実的な要件だと考えております。

電磁波過敏症や障害に関連する書籍も紹介いたしておりますので、参照ください。 ●「電磁番AZ」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「電磁番AZ」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。
いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏症や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏症のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。

身近に電磁波の影響を感じたことがありますか?

電磁波が、生体波動レベルで何らかの作用を科学的に明示するという ことは、もとより電磁波の物理的エネルギーによって生体に生化学的な作用が引き起こされるとい う精緻な医科学的事実が前提としてなくてはなりません。
電磁波攻撃対策 電磁波が有害とする学説は確かに欧米には数多くありますが、今現在これはいわゆるアカデミックな「定説」 の位置にはありません。

当然のことですが、日常的に被曝している電磁波そのものに何ら有害性はまったく認められず安全であるという明確な事実があるのであれば、ここに掲示していることには何ら意味を持たないことになります。


一般論としていえることは、現状では人体には何の影響も認められないが、ただ例外としてペースメーカー や人工内耳装置のような医療機器や航空機搭載の精密機器は誤作動を起こす危険性はある ということだけはどうにか認識されているわけです。

無害論のもとでは、人体と人工の電子機器とを比較したとき、人体はそれほど電磁気レ ベルでは精密でも過敏でもないという安易な受け止め方が主流ということなのです。
結局のところ人工の精密機器そのものがあまりにも単純すぎるから誤作動するのだと、ここではいうべきな のです。

これに対して私達は、精密機器でさえ誤作動するほどの強力な電磁波が生活環境では発生していると いう事実にもっと注目すべきではないのかと考えるわけです。
この当たりは、環境汚染や水道水・土壌汚染に対する個々の立場の違いによる危機意識の程度

電磁波過敏症防御 差にも通じるところではないかと思います。

それこそ自分身に何らかの危害が加わらない限り、切実な問題にはなりえないという安易さそのものに他なりません。
結局、個人の見識やインテリジェンスで対応するしかないということになってきます。
ここで紹介している「環境改善アイテム電磁番AZ」は当方の、長年にわたる東洋医学分野の経絡や気の研究から作り 出したもので、いわゆる大量生産品ではありません。

これまで生体の経絡環流を追求しながら、気の波動と同調する波動板の大きさを特定していく手法で完 成させたもので、その製造過程にはピアノの調律作業にも似た手作業で1つづつ微調整していく工程があります。

「環境改善アイテム電磁番AZ」は長年の東洋医学の研究から開発されたものです。
効果や理論的根拠については一部は関連論文を当方のHPにも掲載しています。
東洋医学や波動理論に多少 関心のある方でないと理解しにくい部分もあるかと存知ますが、当方としては現段階でご理 解いただける範囲で個別に対応いただければ十分ではないかと考えております。

理屈よりは、それなりに電磁波対策に効能効果があれば納得いただけると確信いたしております。

ここに紹介するのは、これまで頂いたお客様からのご相談の一例ですが、個人情報保護ということでお名前はすべて省かせていただいております。

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「電磁番AZ」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏症の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。

電磁番を使用されているお客様の声を紹介させていただきます

電磁番ユーザー様からの感謝のお言葉


電磁波攻撃対策2004年から4年間位と、2016年から3年間位、電磁波攻撃?を受け、かなり苦しんで来ました。この電磁番を壁に付けたり、身に着けたりすることで、雑音が減り快適に過ごせています。重い薬から軽い薬に変えれるので、かなりしんどくて動けなかったのが、見違える様に体が動けて助かっています。仕事の方も決まり大変嬉しい限りです。また注文させて頂きます。どうもありがとうございます。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 コンセントだらけの新居に越して来て、身体中に湿疹が出来、病院では強烈に眠くなる飲み薬とステロイドだけで、悩んでいる時に電磁番を購入、湿疹は直ぐに良くなりました。ありがとうございました。今回は3個注文、宜しくお願いします。


電磁波攻撃対策 「商品受け取りました。効果にびっくりです。開封してこたつの上に載せただけで、今までの拷問のような手足の痺れ、首筋の張り足の痛みが嘘のように無くなり感謝しております。妻も苦しんでいるので、もうひとつ電磁番を注文します。」

電磁波過敏対策


電磁波過敏の症状対策 先日、商品が届きました。とても効果があり、眠りの質が随分と良くなりました有難うございます。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策電磁番届きました。効果があるように思いました。嬉しいです、感謝です。他のは効かなかったです。ありがとうございます。 一年前から集団ストーカーに悩まされて3回引っ越しました。本当につらいです。今は、上階から夜中に攻撃されるので、睡眠不足で体調もおかしくなってきました。 昼間は猫用退避機のようで、強くてクラクラします。動く所へついてきます。風呂、洗面、トイレにもです。最悪です。どう対処していいかわかりません。 もし良い対処法があれば教えてください。


電磁波攻撃対策有り難うございます。今も電磁波を強く感じて不安感が強く、辛い状態でした。もう少しの我慢と気持ちが楽になりました。利用のアドバイスも頂き、有り難うございます。電磁番が届いて、すぐラップを巻いて 身体に付けて、ホッとしたら良く眠れました。しかし、隣の部屋からの電磁波が日増しに強くなって怖いので、壁に付けたいと思い追加で注文をお願いします。耳栓をつけると電磁波が聞こえるのです。
迅速な対応を今回もして頂き、有り難うございます。お陰様で、吐き気と強いフラツキは無くなりましたが、酷い肩こりに困っていました。今度は隣の部屋との壁に吊り下げてみます。本当に助けて頂き、感謝しています。中和装置の存在は知っていましたが作れる方がいらっしゃって、販売してもらえとは思っていませんでした。有り難うございました。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 この度は一つ目のでんじばんを届けて頂きまして有り難う御座います。早速効果を感じて、毎日が大変快適に過ごせるようになりました。でんじばん無しの生活は考えられません。顔面神経痛のようなまぶたのピクピク感や、体調の悪さ、動悸が隣人からの嫌がらせからやっと救われました! 有り難う御座います。


電磁波攻撃対策「でんじ・ばんの効果に感激しています」


電磁波攻撃対策「でんじ・ばんには、今まで購入した電磁波対策グッズの中でもはっきりと効果が感じられて大変満足しております」

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策「隣人の嫌がらせで不眠が続いていましたが、「でんじばん」のお蔭で眠れるようになりました。電磁波測定アプリを使うと、私のベッドの周辺だけ高い数値が出ていて、恐らくこの電磁波による振動のせいで、数ヶ月間不眠が続いていました。他の電磁波防止グッズを試しても、振動で起こされてしまいましたが、この「でんじばん」を使うと、明らかに振動が少なくなり、ほとんど感じなくなりました。こんな小さな黒い物体が、本当に効果があるのかと最初は半信半疑でしたが、実際に使って効果を実感したので、今日追加でもう一つ注文しました。効果は環境によっても差があると思いますが、本当に感謝しています。ありがとうございました」

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 「長年悩んでおりました身体の痛みや痒みに大変効果がありました」


電磁波攻撃対策 お世話になっております。早速の返信メールをありがとうございます。とても嬉しく思います。
参考資料までお送り頂きまして、電磁波に悩んでいる方が他にも大勢いらっしゃることに驚きを感じています。
私は、電磁波攻撃に悩まされています。体に電気が流れているような皮膚のビリビリとした痛みと腫れに悩んでいまして、ネットで御社の商品を知り、購入してみたところ、今までの苦痛が嘘のようになくなったので電磁波の被害に遭っていると、気づいた次第です。
(中略)警察にも何度か相談したのですが、話を聞いてくれるだけで、あまり相手にされないのが現状です。修理も受け付けてもらえるようなので、大変有り難く思います。メールで相談してよかったです。本当に助かります。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策「素晴らしいお品を送っていただきまして、誠にありがとうございました」


電磁波攻撃対策てんじばんのお陰で、久しぶりに携帯やパソコンを触っても、痛みがありませんでした。ありがとうございます。


電磁波攻撃対策 早速電磁番を枕元に置いて就寝してみました。いつもは朝起きるとき首、肩がバリバリで腰にも痛みがあり本当につらくて日常生活にまで影響しておりましたが、今朝は不思議とその症状が緩和されておりました。
ベッドに使われているコイルが体に悪影響を及ぼすことがある と聞いたため、同時にベッドのマットレスも外してみたのでその 影響もあるのかどうか定かではありませんが、私にとっては 大きな一歩となりました。ありがとうございます。
今日は職場にも持ちこんでパソコンの上に電磁番を置きながら 作業をしています。以前は「起きていられないほどの体のだるさ、 首、肩のこり」があったのですが今は多少首、肩のこりは感じても 「起きていられないほどのだるさ」は緩和されたように感じます。

電磁波過敏対策
電磁波攻撃対策「でんじ・ばんのお陰で仕事に復帰出来ました」


電磁波攻撃対策先程商品到着しました。お早いお手続き、ありがとうございます。早速部屋の四方に配置しましたら、体の痛みがもう弛んで来ました。「車を運転すると顔がいつも浮腫んでいましたが、でんじ・ばんを使用しだして腫れなくなりました」

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 早速にお返事、ありがとうございました。外出時、後ろにも付けたり、いろいろ試してみたいと思います。他の電磁波の商品も試してみましたが、本当にでんじばんの効果に感激しています。他の部屋にも置きたいので追加でお願いします。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策いままで都市部で生活していたが、過敏がひどく今は実家に疎開している状態。胸が締め付けられるような苦しさ、めまい、冷感があり、自律神経も不安定。どうにかならないかと、悲痛な声で電話を掛けてこられる。

「でんじ・ばんAZ」を携帯していただいた直後、明るい声で「あまりにもすばらしい効果に、びっくりです!市内でサロンをOPENしたら、もっと必要になります。感謝です。」とのこと。(福岡県・K様)


電磁波攻撃対策 先週、電磁番を購入致しまして昨日、電話で問い合わせた者です。頭痛が和らぎ、只々驚くばかりです。今回も、なるべく早くのご配送手配をして頂けますと、大変有難い次第です。 (兵庫県・E様)

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策先日、電磁番を購入させていただきました。長年悩んでおりました身体の痛みや痒みに大変効果がありました。素晴らしいお品を送っていただきまして、誠にありがとうございました。


電磁波攻撃対策「毎日パソコンに向かっての仕事ですが、「でんじ・ばんAZ」を使用し始めていままでのもやもやした不快感から解放された感じです。半信半疑でしたが頭痛がないだけでも助かります」(佐賀県・T様)

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 「でんじ・ばんAZ」、私にはすごく効果があるように思えます。 一昨日の夜、風呂上がりに普段着のズボンのポケットに電磁番を入れておいたと ころ、足の甲のアトピーが猛烈に痒くなりました。引っ掻くとリンパ液が大量に 出てきて、びっくりしました。
昨日は掻いた後が少し腫れていたのですが、今日 は腫れが引き、皮膚の状態が随分改善されました。今までよほど、ガンマ線&電 磁波に痛めつけられていたのでしょう。体調の変化がありましたら、またご報告致します。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策先程商品到着しました。お早いお手続き、ありがとうございます。早速部屋の四方に配置しましたら、体の痛みがもう弛んで来ました。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策今年3月に千葉の田舎から横浜の送電線(高圧)及び携帯の中継等の近くに引っ越してきました。2ヵ月くらい前から電磁波過敏の症状と思われる症状があり悩んでいました。先日「でんじ・ばんAZ」を注文し、寝室とパソコン、テレビのある部屋に置いてみたところ(備長炭と共に)何かすっきりした感じになり助かっています。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策「先日、「でんじ・ばんAZ」を送ってもらい試したところ、とてもいいような感じです。車の運 転中に手や足がビリビリしていたのですが、気持ち的なものなのか良くわかりません がビリビリ感がないように思います。
友達にも話したところ、パソコンに挟まれた状 態で仕事をしていることが多く、以前突然倒れたことがあったそうです。そのまま病 院に運ばれたが検査の結果はどこも異常は見られなかったそうです。もしかしたら、 これも電磁波の影響があるかもしれないとのことで、「でんじ・ばんAZ」が欲しいそうです。
他にもレントゲン技師の友達や同じデスクワークの友達にもほしいと頼まれましたの で3個 発注します」(鹿児島県・K様)

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策「上半身と腕全体に原因不明の痛みと強い強張りがありましたが、「でんじ・ばんAZ」を携帯するようになって症状が軽減しました。やはり電磁波が原因していたのだと思います。
いままで家中の蛍光灯も消した状態で、毎日不自由な生活を強いられていました」(福岡市・Y様)

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策職場(工場内業務に従事)の電磁波環境に苦しんでいる。このままの状態が続くようであれば、転職も考えなくてはならないとの悲痛なご相談。
「1個使ってみましたが、「でんじ・ばんAZ」の効果に驚いています。昨年暮れからからの苦しみからすっかり開放されました。
会社では対策が万全にできず、多少症状が出て我慢が必要ですが、家の環境は万全にしたいので追加注文します」(福島県・T様)

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策「オール電化に換えた途端、IHクッキングが不快でたまらない。これをわざわざガスコンロに換えたら、今度は着火時に火花が出ると同時にビリビリとした不快感におそわれる。どうにかならないか」ーーー「でんじ・ばんAZ」セットで解消。(北海道・T様)

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 昨年11月にご注文させていただきました「でんじ・ばんAZ」、大変効果があり この度追加注文をさせていただきたくメールさせていただきました。(埼玉県・S様)

電磁波過敏対策
電磁波攻撃対策犬を車に乗せて時々ドライブをすることがあるが、どうしたことか10分も走っているといつもがさがさと犬が騒ぎ出す。30分も走りっぱなしだと、突然犬が「キーン」と喉から悲鳴のような声を出す。最初は気付かなかったが、何となく苦しがっているようだ。この悲鳴のあとしばらくするといきなり嘔吐したりする。いわゆる車酔いの状態である。いずれ慣れると思っていたが、一向にこの状態が改善しないので電磁波中和放電装置「でんじ・ばんAZ」を1個フロント部分にセットしてみたところ、不思議と犬が車内で以前のように騒がなくなった。逆にドライブ中にリラックスして大人しく眠るようになった。


電磁波攻撃対策追加で2個購入したいです。先日購入したのですが、効果が大きく追加で購入したいです。よろしくお願いします。

電磁波過敏対策


電磁波攻撃対策 先月27日に商品が届きました。迅速な対応、商品のすばらしさに驚き感謝しております。

というように、ご利用いただいた方々から多くの感謝のお言葉を頂いております。


お客様からの最初のお問合せ
電磁波過敏の症状
国内で一番大きいタイプの送電線が自宅から150メートルくらいのところにあり、鬱気味になり悩んでいます。同じくらいの所に携帯電波塔も2基あります。


電磁波攻撃対策 電磁波過敏の症状 現在近隣からの嫌がらせと思われる電磁波照射で困っています。電磁波の発生源は同じマンションのお隣と思うのですが、でんじ・ばんでお隣からの電磁波を防御できますか?


電磁波過敏の症状 電磁番についてお問い合わせさせていただきます。 現在電磁波身体攻撃の嫌がらせを受けており、体が痛みやしびれなどで悩んでおります。この電磁番は体に携帯しても防御効果がありますでしょうか?


電磁波過敏の症状自宅前の空き地にたくさんの太陽光発電のパネルが設置されてからというもの、不快な皮膚のびりびり感や体調不良が続いています。これを解消することは出来ますでしょうか?


電磁波過敏の症状3月から始めたコールセンターの仕事、最初は目の疲れから始まり、口周りに吹き出物が次から次へと出てきました。次に首の皮膚の違和感→アトピー→皮膚炎→目の周りの赤み、感想違和感→顎から頬にわたる肌の痒み赤みと短期間に悪化し、首から顎がアトピーで非常に辛い毎日を送っています。


電磁波過敏の症状「御社のホームページを拝見しメールいたしました。 当方、自動車を2台所有しておりますが、そのうちの一台に乗るときだけ頭痛やめまいといった症状が出ます。 もう一台のほうはなんともありません。アンテナアースやアーシング、アルミホイルなどを張ってみたりの電磁波対策である程度は緩和されますがそれでも長時間は耐え難い状態です。 (福岡県・O様)


電磁波過敏の症状電話器、冷蔵庫、洗濯機(その上に配電盤あり)テレビ等の近くに行くと、なんとも表現しにくいのですが、ゾワゾワした気分の悪さがしてきます。最近は蛍光灯、パソコン等にも反応してしまい、喉、舌、口などに刺激を受け、常にタンがからみ、唾液が白くアワアワになってしまい、とても気分が悪い状態が続いています。


電磁波過敏の症状 一昨年前位から隣接する建物より四六時中、電磁波攻撃をされているみたいなん ですが、最近になってかなりひどくなり、家に居ると身体がしんどくてたまりま せん。夜も落ち着いて眠れないので愛犬と共に外に出かけ、この1ヶ月間、車中 で寝ています。引っ越しするにもお金が…と、本当に辛くて、切羽詰まった状態 が毎日続いているのですが、警察にも相談させて頂きましたが、何も対応しても らえません。電磁波攻撃を放射されていると気付いたのは、昨年の11月頃なんです。身体の不調を訴えたのが、一昨年の12月始め頃で、3ヶ月おき位に普通の状態で居られなくて、病院であらゆる検査をして下さるのですが異常は認められませんでした。 皆様のお声の様に痛みや痺れ、吐き気・頭痛・肩こりや息苦しさなど、電磁波攻撃に効果があるのなら、今すぐでも「でんじ・ばんAZ」を頂きたく思っております。


電磁波過敏の症状 電磁波過敏の症状の症状に全て該当します。 ぴりぴり感や体のあちらこちらの痒み、吐き気や動悸に深刻に悩まされて偏頭痛も続き、耳鳴りもひどく生きている心地がしません。 症状は3年程前から始まりましたが数ヶ月前より異常なほど電磁波を照射されているのを確信して地獄のような日々を送っています。電磁波攻撃対策


電磁波過敏の症状 家族が、頭痛や酷い肩や首のコリ、めまいなどの症状があり 毎日体調が悪いと話をしており、ネットで色々と調べていたら こちらのサイトにたどり着きました。自営業で毎日10時間以上パソコンの前に座って作業をしていますが、この場合「電磁番」は、どのように使えばよいのでしょうか? 家族の訴えている症状のほとんどが電磁波過敏の症状に当てはまっていたので改善策として販売されている「電磁番」の購入を検討しています。


電磁波過敏の症状自宅の真横に、スーパーの高圧変電設備(キュービクル)が4基建ち、寝室から1m離れた地面の地中に送電線が埋められ、店舗の屋根まで引かれています。通電された日から結膜炎や咽頭痛に悩まされています。幼児もいて鼻炎症状が出ているので心配しています。


電磁波過敏の症状先日、中古のDTパソコンとモニターを購入いたしました。以下の点で悩んでいます。改善に向けたご助言をいただければ幸いです。操作していると頭がジンジンと痺れ、重くなってくる。 終了後、頭の芯がキリキリとしてくる。?電源を入れていなくても、若干痺れる感じがくる。 以前にもノートパソコンでもありました。

ユーザー様への連絡メールの紹介

謹啓
ご連絡ありがとうございます。 メールを拝読いたしました。

屋外からの電磁波の影響を心配され、実際にご自分で測定器で計測されておられる状況を伺い本当に切実な問題として認識されておられるということが伝わってきました。

お尋ねの電磁波中和放電装置「でんじ・ばんAZ」自体は電磁波を物理的に遮断してしまうものではありません。

飛び込んでくる電磁波を無害化する、中和放電してしまうという機能目的をもっています。

防御の基本はどこからの電磁波にもっとも影響を受けているかを確認する必要があります。

生活環境に影響を与える電磁波としてはまず以下の種類が挙げられます。

1、屋内の電気製品や設備
2、隣接する屋外設備、電波塔、送電線、電柱トランス、太陽光発電パワーコンデショナーなど
3、いわゆる外部からの電磁波攻撃、嫌がらせ、ストーカー行為など

客観的には電磁波測定器を使えば生活環境の電磁波の強度は計測することが可能ですが、電磁波自体は目には見えませんしどこからの電磁波に影響を受けているのかを特定することは困難な場合がほとんどです。

あくまでも生活環境を自分で自衛するという基本的考えで対処するのがベストだと存じます。

隣接する施設(電柱のトランスなど)や工場から照射される電磁波、送電線設備に対しては、隣接側の対面壁内側(室内)に「でんじ・ばんAZ」を1個貼り付けるかたちで「でんじ・ばんAZ」をセットしていただきます。

防御効果そのものは実際に使っていただき体験していただくしか方法はないのですが、個別には被験者の瞳孔の開き方や筋力テストで効果を確認できます。

電磁波に対する過敏の程度も室内照明の蛍光灯やひげ剃り機に強く反応される方や自動ドアだけに反応される方など多様なパターンがあります。

「でんじ・ばんAZ」によって一番不愉快な症状がどの程度軽減するかをまず実際に試していただけるとよいのではないかと存じます。

「でんじ・ばんAZ」の具体的な使い方など、製品紹介ページや添付資料をご覧いただければと存じます。

ご質問の件ですが、当店での試行実験や過敏のユーザの方々の協力で「でんじ・ばんAZ」の使用方法についてはいろいろな工夫がございます。以下ご説明いたします。


電磁波防御のポイント

電磁波は飛んでくる方向や発生源からの指向性があるので、基本的は照射される方向に一番近い壁、もしくは窓際に「でんじ・ばんAZ」を1個か2個セットいただければ防御できます。

「でんじ・ばんAZ」をセットしていただくのは、すべて室内側です。屋外ではありません。通常はお部屋の壁に掛けるか、両面テープなどで添付していただくことになります。

電磁波過敏

対応可能な部屋の広さは四畳半の部屋ですと壁一面に「でんじ・ばんAZ」1個で対応できます。

直径3~4メートル前後の範囲とお考えください。

それ以上の広い部屋になると1個だけでは対応できない場合があります。

最初は1個で様子をみていただき、改善がない場合は別方向からの電磁波も同時にカバーするというように、屋外の送電線や隣接する電柱トランスの位置をまずは目標にされるとよいかと存じます。

この場合も、寝室などは長時間体を静止した状態で就寝されるわけですから、もっとも長い時間電磁波の影響を受ける生活空間がメインということになります。

ご家庭内では、ベット周辺や勉強机周辺が防御の重要なポイント箇所といえます。

電気製品では、テレビやビデオセット、IHクッキングヒーター、電子レンジ、冷蔵庫、掃除機、ミキサー、レジスター、パソコンなどがわりと強い電磁波を出します。

内部にモーターが内蔵されている家電の場合は、強い電磁波が発生しているとみてください。

また強弱に関係なく特定の機器特有の電磁波(蛍光灯やひげ剃り)に症状悪化を指摘されることもありますので、これも検証する場合の防御の対象となります。

防御方法として、電磁波を出す電気製品すべてに「でんじ・ばんAZ」を1個づつセットすればいいように思いがちですが、部屋数や電気機器がたくさんあって個別対応に困る場合は、ご自宅の配電盤に「でんじ・ばんAZ」を1個セットいただくだけで家内全体に一様に効果が出せる場合があります。

過敏などの症状がそれほど出ておられない場合など防御効果がわかりにくいときは、O-リングテストなどの筋力テストを使って比較検証していかれるとよい結果が出せます。(筋力テストの具体的なやり方などは製品に同封の資料を参照ください)

練習すると、どなたでも要領を習得できます。

「でんじ・ばんAZ」のセット数が多い方がより防御効果は大きくなりますが、特に有害な電磁波発生源や電気製品を特定して「でんじ・ばんAZ」をセットされるのがもっとも効果的です。意外な機器が電磁波障害の原因だったりします。


電磁波過敏対策
電磁波の悪影響については、現代社会では定説としては認知されてはいません。

実際にご家族や身近な友人に過敏の方がおられない限り、電磁波汚染の実態は十分に理解していただける状況にはありません。

欧米では、高圧送電線周辺の不動産価値はほとんどありませんが、日本ではそうした議論はほとんど問題視されません。

結局のところ、日本国内ではそうした電磁波の悪影響を身近に感じ体験した者だけが個別に自衛していくしか方法がとれない社会環境下にあります。

電磁波中和放電装置「でんじ・ばんAZ」につきましても、多くの場合実際に使用されるまでは半信半疑の方がほとんどです。

実際に1個単位でご購入いただき、数日間使っていただいてその効果を確認いただき、その後追加注文いただくパターンということなります。

しかも実際に過敏の方でないとその防御効果を十分に実感していただけない部分もあります。

早い話、過敏が強く出ておられる方ほど、普段苦痛を感じておられる方ほどその防御効果を体感していただけることになります。

「でんじ・ばんAZ」はこれまで何人もの電磁波過敏の方々に実際に使っていただき完成させてきた経緯があります。

当方では「でんじ・ばんAZ」を使っていただくお客様には、不愉快な症状がどの程度軽減するかをまずお試していただいて確認いただくのがよいのではないか、そして可能な限り「でんじ・ばんAZ」の防御機能や効果を体感していただくのがベストではないかと考えております。

「でんじ・ばんAZ」を室内にセットいただいても、電磁波測定値自体は変わりません。

過敏ではない健常者の方の場合ですと一応Oリングなどの筋力テストでその防御効果を比較検証していただくことはできますが、「でんじ・ばんAZ」が室内にセットされていましても特別体感としては何の変化も感じられないかと存じます。(体感はなくとも健常者、同居のご家族への電磁波防御効果はもちろん一様に働きます)

電磁波過敏の症状の方で、なかには工場勤務、あるいは1日パソコンルームに座りっぱなしの方などおられます。

多く共通するのは皮膚のぴりぴり感、かゆみ、頭痛、気分が鬱、目の疲れ、充血、首筋から上肢にかけての引きつり感や痛みがあることです。

化学物質過敏がこれに重なることもあります。当然、こうした職場環境が悪いということで転職まで真剣に考えておられる方もおられます。

電磁波は物理的に強力な波動ですので金属やマンションのコンクリートさえ難なく突き抜けます。日本人が過敏に反応する恐ろしい放射線も物理的な電磁波そのものに他なりません。

現代の電気エネルギーが支配している生活空間では、電磁波の完全な遮断も逃避も不可能というべき状況下にあります。

そうしたなかで、この有害な電磁波を物理的に遮断するのが不可能ということであれば、電磁波そのものを中和放電するかたちで出来るだけ人体に悪影響がないかたちに変換する方法が合理的ではないかということです。

「でんじ・ばんAZ」は、電磁波を遮断するものではありませんが、人体に悪影響を与える波動部分に干渉して変換中和放電します。

電磁波過敏 よって電磁波の強度自体は変わりませんし、その場合の計測値も変化しません。

ただし、家電店やDVDショップにある防犯システムの電磁波レーダーなどでは電磁波そのものに干渉しますので不用意に店内へ「でんじ・ばんAZ」を携帯したまま入りますと出口部分で警報機が誤作動してしまう場合があります。

店側とのトラブルになることがありますのでご注意ください。

電磁波過敏の症状特有の症状が出ておられる場合にはすぐにでも活用いただければと思います。

最初は携帯していただくのもいいのですが、いろいろな家電機器に「でんじ・ばんAZ」を置いてみてそれぞれにおいて不快感がなくなるかどうかを確認していただきます。

これで一番影響している電気製品が特定出来る場合もありますし、思いがけず原因となる機器が発見できることがあります。

電磁波過敏の特有の「ゾワゾワした気分の悪さ」など、敏感な身体反応や感覚がそうした場合の一番のセンサーになります。

不快感は単なる錯覚ではなく、電磁波による身体反応であることも分かってきます。

マンションの場合はどちらの方向からの電磁波が強く影響しているのか、これも北側や南側の壁に「でんじ・ばんAZ」をセットしてみてそれぞれ比較していただくとよいと思います。

特に一般のマンションは壁自体に鉄筋が入っていますので周囲からの電磁波が集まりやすく、その影響も強くなりがちです。部屋によっては極端に強く電磁波が働く場合もあります。

そうした電磁波の影響が強い部屋には無防備に入らないようにします。

「でんじ・ばんAZ」は帽子やポケットに入れて携帯していただくのもいいですし、バックなどに入れておいても結構です。

外出時も身近に置いていただければ不快感は軽減します。

これも防御効果を実際に確認にただければと存じます。

ただ、町中など周囲からたくさんの電磁波が照射される環境(電気店など)では、体の前後に必要な場合もあります。

「でんじ・ばんAZ」は、電磁波が照射被曝する環境に置いておけばしっかり機能します。

その場合もっとも強い電磁波発生源(家電製品や車両エンジン)に近い位置 にセットしていただくのが効果的です。

飛来方向に的確に対応していれば広い範囲の電磁波照射の影響を避けることが出来ます。

これはたくさんの矢が飛んでくるのに防御として楯を体の前方に身構える姿をそのままイメージしていただくと分かりやすいかと存じます。

部屋の広さでいきますと、四畳半の部屋の壁1枚単位の広さで対応いただければよいと思います。
広めの部屋ですと「でんじ・ばんAZ」1個では一方の壁全体の防除が不十分な場合があります。


電磁波過敏対策
過敏では、天井部分の照明器具、蛍光灯に反応される方は多いのですが、この場合は照明器具の傘の部分、あるいは天井に1個セットいただけるとよいい結果が出ます。

電磁波の範囲は眼で確認できませんので、「でんじ・ばんAZ」をセットされる場合はまず電磁波飛来の方向もですが、高さの調整も考慮していただく必要があります。
通常マンション構造ですと、上の階、下の階からも予想外の生活電磁波が影響していることがあります。

室内ではそれぞれセット位置の高さなど個別に調整が必要になりますが、これも1つづつ試していただいてもっとも体が楽になるセットの仕方を見つけ出していただくとよいと存じます。

なお、枕元に置いたときなどに「でんじ・ばんAZ」本体のゴム臭が気になる場合はラップで被服してください。機能的にはまったく問題ありません。


街中では、非常に電磁波環境が悪い状態となります。

あらゆる方向から、矢のように電磁波が差し込んできます。 強い照明のある店、電気モータが駆動する電車や車両内、防犯レーダーがある店舗などです。

通常は、帽子やポケットに1個入れておいていただくと防御効果がありますが、それでも症状が出る場合は体の背面、腰側にもう1個装着していただくと良いです。

「でんじ・ばんAZ」で体の前後を守る形となります。
これは個人差がありますので、装着位置などは工夫して使っていただくと良いと思います。

電磁波は、視覚で捉えることができませんので、どの方向から飛んできているのか、どのレベルの電磁波が苦痛を与えてきているのかの特定が難しいものです。
屋外からのものに対応する場合ですと、出来るだけいろいろな方向や装着の工夫を試みていただく必要があります。

この場合も、通常は1方向の壁には1個で対応できます。

マンションや集合住宅ですと、上下左右方向の対応が必要な場合もありますが、多くの場合は1,2方向となります。
あるいは特定の部屋の隅の壁内部の鉄骨部分が周囲の電磁波をアンテナのように集めていることがあります。

室内の全部の電気製品が悪影響を与えているとは限りません。

照明の蛍光灯であったり、ガスの着火プラグの火花(電磁波)であったり、電子レンジだったりします。
まず最初にご自宅の電磁波環境を確認しておく必要があります。

室内のどの部屋で、どの電気製品で、いつごろの時間帯にどのような身体反応が生じるのか観察していただくことが大事です。
「でんじ・ばんAZ」の効果は、短期間で確認できます。効果が一定期間持続することによって、やがて過敏からも回復されます。

過敏が強く出ておられる方ほど、普段苦痛を感じておられる方ほどそ の防御効果を体感していただけることになります。

送電線が近くにあってご心配なようですが、関連情報をお知らせいたします。参考にしてください。
送電線が一方向のみであれば、それに面した壁側に「でんじ・ばんAZ」を1個装着するだけで結構です。
電磁波に対して防御壁、盾になるということです。
防御効果がありますので、すでにご家族の中に電磁波過敏の症状の症状が出ておられる場合はすぐにでも効果が確認できると存じます。


電磁波攻撃対策 電磁番は、電磁波過敏の症状もしくはその被害にあっておられる方専用の防御グッズです。
電磁波攻撃、嫌がらせに対処する方法については当方の解説サイトを参照ください。
../data4/den45.htm
http://denjiban.webcrow.jp/data4/den45.htm
実際の使用法についても参照ください。

「でんじ・ばんAZ」の中和放電効果のある範囲は、目安として1つの部屋一面(一方向)とお考えください。 おおよそ直径3,4メートル程度です。ちょうど円形の盾といった感じになります。
電磁波が大量に飛び込んでくる側のうち壁に「でんじ・ばんAZ」をセットしていただきます。
建物が横に長い場合ですと、それに対応して設置数が必要になる場合があります。
この場合も長時間ご家族が過ごされる部屋にセットされるのが、もっとも効果的です。居間とか寝室、勉強部屋とかです。
それ以外は身体反応や状況を見られて、適宜対応されると良いと思います。

ご質問、ご連絡ありがとうございます。
耳鳴りなど頭部を中心に症状が出ておられ、電磁波の影響などを深刻に心配しておられることと存じます。
「でんじ・ばんAZ」は、 有害電磁波に対して直接、防御、中和放電効果がありますが、まずその電磁波がどこから、どの方向から飛んできているかを確認する必要があります。 厳密には測定器で計測する方法もあります。

電磁波過敏対策
平屋の場合と、マンションのように上下左右にも部屋がある場合でも異なります。

鉄骨構造ですと、その内部の柱部分に電磁波が集中的に集まります。 就寝時ですと、寝室のベットの金属スプリングの影響をより強く受けます。
屋外の電磁波でなくて、以外にも頭上の蛍光灯やテレビが原因だったりします。
どのお部屋がもっとも影響があるのか
生活時間帯ではいつ症状が酷いのか
外出時もそうした影響があるのか
壁に「でんじ・ばんAZ」をセットしても効果がない場合は、傍に置くか身に付けて携帯してみてくださ い。
効果が確認できないときは、「でんじ・ばんAZ」のセット位置を一か所に固定せずに、移動させて再確認してみてください。

電磁波攻撃対策 「でんじ・ばんAZ」を携帯していただくときは体のエネルギーバランスを整えようとしますので、周囲の電磁波の影響で体調がよくない場合など好転反応が出ます。

湯疲れしたような感覚ですが、それらは短時間で無くなります。次第に身体効果が確認いただけると思います。

電磁波の影響で口内が金属の味がしたり、唾液にも変化が出る場合があります。


電磁番「でんじ・ばんAZ」使用時の注意事項

★「電磁波中和装置電磁番」は、周囲のマイナス波動の電磁波を中和放電干渉するため、DVDショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波を変換してしまいます。
電磁波過敏の症状
「でんじ・ばんAZ」本体からは何ら電気的エネルギーは出ていませんが「でんじ・ばんAZ」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによる警報機誤作動トラブルには十分ご注意下さい。
★「電磁波中和装置電磁番」は、治療器具ではありません。電磁波被曝対策器具です。


「でんじ・ばんAZ」の効果について、最初にお伝えしたいこと

当初はいろいろな苦痛を訴えてこられますが、「でんじ・ばんAZ」を身近にセットしていただきますと、多くの場合それまでの不快感がそれこそ嘘のように払拭されてしまうことがあります。
使っていただいた皆様は、効果を確認されると一様に「不思議だ!」とおっしゃいます。
電磁波過敏 いままでの苦痛は一体何だったのだろうという感じで、あらためて戸惑われる方もおられます。
電磁波過敏の症状の苦痛自体は錯覚ではありません。そのおぞましい感覚が取り除かれるまでは、それこそ通常の生活がおくれないほどに苦しまれるのです。
電磁波による過敏や不快感に苦しまれている場合でも、それらの症状がずっと継続して続くものではありません。
適切に対応すれば不快感は軽減していきますし、健康な日常の生活がおくれる状態にもどることができます。
中には過敏のために不自由な生活を強いられたり、お仕事まで制限されるまで追い込まれるというようなきびしい状況に置かれている方も少なくありません。
電気を一切使わない生活、あるいはわざわざ田舎に住居を変えてしまわれるなど、それまでの生活環境をすべて変えざるを得なくなるケースさえあるのです。
しかし一旦それらの苦痛から開放されると、狐につままれたような感覚を覚えられるのです。
それまでの苦痛が強ければ強いほど、そうした不思議な感覚に包まれます。
原因となる電磁波が目に見えないだけに、それは自然な反応なのです。


「環境改善アイテム電磁番AZ」の電磁波に対する中和放電効果について

どんな場合に活用できるのか?

電磁波攻撃対策室内のパソコンや身近な電気製品、タップからの過剰な電磁波、電磁誘導が気になる方 電磁波攻撃対策日常生活レベルでの「電磁波過敏症」、「電磁波ハザード」「原因が特定されないアトピー症状」で困っておられる方 電磁波攻撃対策店舗入り口の自動ドアの電磁波や照明器具の電磁波に不快感を感じて困っておられる方 電磁波攻撃対策パソコン操作中の不快な頭痛やもやもや感、肩凝り、首のこわばりや痛み、しびれ、まぶたの腫れ、目の疲れ、耳鳴りが気になる方電磁波攻撃対策車を長時間運転すると、目の周りが腫れたり顔がむくんでしまう方 電磁波攻撃対策自動車運転中や通勤電車内で頭痛や肩・首筋の引きつるような筋肉痛や不快感、吐き気、めまい、疲労感に悩まされる方 電磁波攻撃対策自宅周辺もしくは隣接する工場、送電線・変電所施設からの電磁波が気になる方 電磁波攻撃対策マンションなど壁越しに隣接する部屋からの電磁波波動が気になる方



電磁波攻撃対策店内設置の盗難防止装置の電磁波レーダーに不快感を感じる方 電磁波攻撃対策電磁波や静電気による皮膚のピリピリ感や掻痒感(カユミ)が気になる方 電磁波攻撃対策携帯電話やテレビゲームを頻繁に使用していて心配な方 電磁波攻撃対策職場でのレジスター、事務機器、モーター類の周辺でのもやもやした不快感を解消したい方電磁波攻撃対策近隣に設置されたソーラーパネル・パワーコンディショナー装置や動物忌避用の超音波・電磁波発生機の使用時に波動が気になる方 電磁波攻撃対策ドライブ中のペットの車酔いを解消したい方 電磁波攻撃対策寝室や居室のジオパシック・ストレス(住居環境・風水)を改善したい方 電磁波攻撃対策その他、原因が特定できない頭痛や疲労感、慢性的不眠症、皮膚のほてりや痒みに悩まされる方

電磁波過敏症や電磁波攻撃の効果的対応策とは
分厚いコンクリート壁でさえも突き抜ける電磁波を防げるのか!?

【電磁波・放射線エネルギーの種類】
[低周波 → → → → → → → → → → → → → → → → → → → → 高周波]
電磁波過敏症
・超長波 長波 中波 短波 マイクロ波 ミリ波 赤外線 可視光線  紫外線 X線 ガンマ線
[→・・・・・・ 電波」・・・・・・←  →・・・「光」・・・・・ ←  → ・・「放射線」・・←]
電磁波攻撃対策

電磁波過敏症とはなにか

電磁番AZによる防御の実例

最近の重要な電磁波情報

これ以外にも苦痛を伴う電磁波障害の症状自体は多種多様ありますが、効果的な対処法は電磁番AZによる防御法を検討されることです。

電磁波過敏症防御 当初より電磁波過敏症の不安のある方、すでに過敏症で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております。

電磁波過敏症等の症状が 発現していないいわゆる健常者の方には何ら直接の効果は自覚いただけないと存じます。

本体が光ったり、振動したりして警報を発するものでもありませんので、 いわゆる(なんじゃ、こりゃ?)ということになります。(ただし電磁波被曝防止効果ということでは 健常者にも利用いただけます)

これまでにも、当方の電磁番AZをご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が幾例もあります。
当初は半信半疑で使われてみた結果、いままでの不快感から開放されたとして喜ばれております。

できましたら始めに1個だけ購入していただき、電磁番AZの実際の効果を確認して十分に納得いただく手順をお勧めいたします。

磁盤電はすべて手造り製品で通常の装飾品や量産品ではありません。
炭素成分を 多く含んだ黒いゴム面で被覆しており決して見栄えのよい外観ではありませが、 機能構造上のどうしても換えがたくありますのでこの点は何卒ご了承ください。

[注意事項]
★「環境改善アイテム電磁番AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を中和放電干渉するため、DVDショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波を変換してしまいます。

そのため「電磁番AZ」を携帯したまま入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合がありますので、店内持ち込みによる警報機誤作動トラブルには十分ご注意下さい。

電磁波過敏症生体波動レベル
有害電磁波中和放電装置
「環境改善アイテム電磁番AZ」


電磁波攻撃対策
「環境改善アイテム電磁番AZ」は東洋医学の長年の研究から開発されたものです。効果や理論的根拠については一部は関連論文を別コーナのサイトに掲載しています。
東洋医学や波動理論に多少 関心のある方でないと理解しにくい部分もあるかと存知ますが、当方としては現段階で個別に認知していただければ十分だと考えております。
これまでにも、当方の電磁番AZをご使用いただき電磁波の悪影響から開放された事例が幾例もあります。
当初は半信半疑であっても電磁番AZを実際に使われてみて 日常の不快感から開放されたとして喜ばれております。

参考文献・「生命場・実験的経絡論 」

WHO(世界保健機構)は2004年10月、電磁波過敏症に関するワークショップを開催し、次のように報告した。(英文の報告書)
「EHS is characterized by a variety of non-specific symptoms that differ from individual to individual. The symptoms are certainly real and can vary widely in their severity. For some individuals the symptoms can change their lifestyle.
WHOの日本語の報告書はこちら
・・・電磁波過敏症(EHS)は多数の非特定的な症状によって特徴づけられ、症状には個人差があるが、その症状自体は確かに実在する。

電磁波有害説の概略紹介

ご承知の通り、身近な電化製品をはじめ、テレビ受像装置やパソコンのディスプレイ装置の画面、さらには車両のエンジンからは相当量の電磁波が放射されています。

電磁波攻撃対策 現代の社会生活では、このように目には見えない電磁波にさらされる生活や職場環境を余儀なくされているというわけです。

もとより電磁波は目には見えませんし、形があるものでもありません。空間を飛び、あるいは特殊なエネルギー場を広範囲につくり出します。

意識しようにも感知できないものです。それでいて極めて強力な波動エネルギーを持っています。ここに電磁波の危険性があるわけです。

このような電磁波傷害(ハザード)については、内外の科学者や医学者によってその危険性が相当以前より指摘され、国際的な論文も注目されるようになりました。

ところがここにきて、電磁波の有害性について意見がはっきり二分されてきております。電力会社や関連業界はそうした事実はないといい、一部の研究機関は有害という見解に立っています。相反する見解があるということなります。

法的に厳しく規制している欧米諸国もあれば、日本のように野放しの国もあるというわけです。結局のところ、そうした警鐘がどの程度国民に認識されているかとなると、煙草の害と似たような状況下にあるということになります。有害・無害の論戦は今後もしばらく続くと思われます。

電磁波傷害の医科学的根拠とされるものはいくつかありますが、それぞれに共通した見解として報告されていることは、細胞レベルでのDNA(遺伝子情報)の損傷が伴うということであります。

特にここで注目されることは、生体の組成の70パーセント前後が水分子から成っているという事実です。

水分子そのものは物理的透磁率が80と高いために、生体細胞がこれらの電磁波を吸収しやすいことは早くに電気生理学分野でも知られていたことです。

体内では細胞を中心にこの水分子と蛋白質が密接に結合していますが、変動磁場に伴う電磁波が生体に作用するとこの水分子が激しく振動して過剰な熱を発生させます。

さらに体内で発生する活性酸素のマイナス面を助長させるような作用も指摘もされてきています。

こうした電磁波の発熱作用や種々の非生理的作用によって、生体内の生化学的反応や血液循環に悪影響を及ぼすことになるわけです。

当方では東洋医学的にみても、これらの医学情報と中国医学の経絡理論とは合致すると考えており、関連論文も紹介いたしております。

これら電磁波障害として、通常は目の疲れや肩こり、吐き気、頭痛、皮膚のぴりぴり感や掻痒感、全身の倦怠感といった変調(テクノストレス)から、車酔いやカーストレスといわれる不定愁訴があります。

特に注目されるのは、白内障やアレルギー症状、ガン腫瘍といった疾患までが電磁波傷害としてすでに欧米では懸念され始めいることです。

これに対応すべく、東洋医学を基本に独自に考案し開発したのが当方の「生体波動レベル有害電磁波中和放電装置」です。以下、本製品の広範な機能を紹介します。

「環境改善アイテム電磁番AZ」のご案内

★身近なテレビや電気機器からも放射されている電磁波。最近これによる身体的影響として、目の疲れや肩こり、頭痛やいらいら感、全身の倦怠感、皮膚のピリピリ感といった変調(テクノストレス)、さらには白内障やアレルギー疾患、小児ガンや腫瘍といった疾患までが電磁波傷害として懸念され始めています。
電磁波攻撃対策
★電磁波中和放電装置「環境改善アイテム電磁番AZ」をテレビやパソコン、各種電子機器、電子レンジなどの電気機器の上や車両内に、一個セットするだけで「特殊電子回路」が周囲に放射される有害電磁波を中和放電変換します。これによって電磁波による身体絵の悪影響はほとんど感じられなくなります。(効能をご確認ください)

★一般の住居内はもとより、医療機関の治療室や病室、オフィス内環境を電磁波レベルで整えます。環境共振周波数(シューマン共振)を好ましい状態に増幅安定させる効果があります。

★生体波動測定機器の測定環境も良好に保ちます。ジオパシック・ストレス(風水環境因子)の改善や生体エネルギーのバランス調整にも応用できます。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」の広範な効果は生体筋力テスト(Oリング、TL、GSテスト)や波動テストでも確認できます。(関連論文発表)

★「環境改善アイテム電磁番AZ」はすべて生体波動に同調するようにピアノ調律同様の手法で微調整して手作業で製作していますので、通常の大量生産品とは異なります。

「環境改善アイテム電磁番AZ」は、1個づつの手造り製品で大量生産品ではありません。外観も黒いゴム面で被覆されていて、見た目には決してかっこよくはありません。でもすごい機能を秘めています。
(※電磁波過敏症の不安のある方、すでに過敏症で苦痛のある方にご利用いただくことを主対象といたしております)


「環境改善アイテム電磁番AZ」の特徴と取り扱い方について

電磁波攻撃対策

★「環境改善アイテム電磁番AZ」を家電製品本体(テレビ、パソコン、電子レンジなど)の上に置くか、両面テープで固定して下さい。本装置には電源、電池は必要ありません。通常、機器1台に1個セットして下さい。

電磁番AZの使用法は簡単です。電気製品、機械の上か側面にセットしていただくか、体に着けて携帯していただくだけで機能します。

★パソコン入力作業による頭痛、眼精疲労の軽減、不快症状の軽減、自動車運転の疲労軽減、車酔い防止効果があります。また皮膚の掻痒感の軽減がみられます。(生体効果)

車両内では、エンジン側に向けてセットします。

自動車の場合はエンジン部分と座席の間に位置するように装着して下さい。

★加熱部分や火気に触れるところにはセットしないでください。不燃素材ではありません。
また電子レンジ内には入れないでください。

★高価な測定機械器具を使わずに「環境改善アイテム電磁番AZ」の電磁波中和放電の効果を確認できるものは、唯一カイロプラクティックや気功で知られる「筋力テスト」だけです。

電磁波に被曝しているとき電磁波過敏症でない限り通常生体側には何の感覚的変化は感じられません。電磁波に曝されているというような不快感や明確な感覚的変化はありませんが、「筋力テスト」を個別に行うと明らかに筋力が低下して生体側にマイナスの生体反応が出てきているのが確認できます。

たとえばテレビなどの家電製品のオン状態や自動車エンジンをかけている状態で「筋力テスト」を実施すると再現性のある結果を得ることが出来ます。

それを確認後に電磁番AZを携帯するか、もしくは電磁波の発生する個所に電磁番AZをセットして再度筋力テストを実施すると電磁波の測定値自体にはに変化はありませんが、生体側のマイナス反応は消失します。

電磁波攻撃対策

携帯時に注意いただくこと

★欧米の統計データでは1mG(ミリガウス・磁束密度の単位)以下が一応の安全値とされていますが、GSテストなどの生体レベルの筋力テストで比較すると、微弱とされる1mG以下であってもも生体に対してマイナス波動が働きます。

つまり電磁波というエネルギー自体は容易に遮断できないだけに、微弱な電磁波だから一応安心というものでもないわけです。「環境改善アイテム電磁番AZ」はここに注目して、全く逆の発想で開発されたものです。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」は電磁波そのものをシールドとして遮断・カットするのではなく、生体レベルの波動として有害な電磁波のマイナス部分を波動的に中和放電・無害化することを機能目的としており、取り扱いには下記のような注意が必要です。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」を壁に貼って外部からの有害電磁波に対応することが出来ますが、マイナス波動に干渉しますので室内での携帯電話の使用時、機種によっては送受信に支障が出る場合がありますので注意下さい。

ただし、電子機器本体の故障、破損の心配はまったくありません。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」は、周囲のマイナス波動の電磁波を中和放電変換するため、CD・ビデオショップや電気店の盗難防止システムのセンサー(レーダー)の電磁波にも敏感に反応し有害電波を変換してしまいます。

「電磁番AZ」本体からは何ら電気的エネルギーは出ていませんが「電磁番AZ」を携帯したままで入店されますと、警報システムによっては電磁波シールドの変化で出店時に店内の警報機が作動してしまう場合があります。店内持ち込みによる警報機誤作動やそれによる店側とのトラブルには十分ご注意下さい。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」は構造上防水ではありませんので水洗いしないで下さい。また、無理に折り曲げたり分解したりしないで下さい。内部の波動板や電子回路が断線してバランス構造が破損してしまいます。(電磁波干渉作用)

★加熱部分や火気に触れるところにはセットしないでください。不燃素材ではありません。また電子レンジ内には入れないでください。
★「環境改善アイテム電磁番AZ」は、治療器具ではありません。電磁波被曝対策器具です。

「環境改善アイテム電磁番AZ」のセット方法について

「環境改善アイテム電磁番AZ」は、電磁波を発生する家電製品、事務機器に装着もしくは上に載せるだけでも効果を発揮します。
電磁波攻撃対策
電磁波過敏症の程度は個人差(個体差)が大きく、単純に比較できない部分があります。
どの家電製品が対象となるか確認する必要があります。

屋外からの波動障害が懸念される場合は、その方向の壁に貼り付けた形でセットします。
頭上の照明器具が心配な場合は天井部分にセットします。

室内に家電製品がたくさんあって対応に困る場合は、応急的に配電盤の傍に「環境改善アイテム電磁番AZ」をまず1個セットして効果を確認してみてください。
この方法で中和放電効果が十分な場合もあります。
これだけで不十分なようでしたら、個別に電磁波発生機種別に対応する必要があります。

車両電磁波に対応させるには、エンジン部分側にセットします。座席とエンジン部分の間に「環境改善アイテム電磁番AZ」を置く状態でセットします。

★加熱部分や火気に触れるところにはセットしないでください。不燃素材ではありません。
また電子レンジ内には入れないでください。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」は、機能的にはウラ・オモテの違いはありませんので、対象となる電磁場の中心部分に近い位置にセットしていただくだけで機能します。

またパソコン・ディスプレイなど長時間使用された場合、有害電磁波を吸収して「環境改善アイテム電磁番AZ」本体の温度が多少高くなることがあります。(電磁波吸収作用)

★本装置を自動車内に装着しておくと、電磁波によるプラスイオンが蓄積して起こるドア開閉時の不快な静電気放電現象を防止することができます。同様に日常携帯していると、衣服の静電気の帯電放電現象がなくなります。(静電気帯電・放電防止効果)

★人体の生体エネルギーの流れを調節するときは、気になる体表面(ツボ)に本体を接着して「環境改善アイテム電磁番AZ」全体が、少し温かくなるまでそのままにしておきます。エネルギーの流れが良くなって体も温かく感じたら飽和状態です。

★「環境改善アイテム電磁番AZ」は構造上防水ではありませんので水洗いしないで下さい。また、無理に折り曲げたり分解したりしないで下さい。内部の波動板や電子回路が断線してバランス構造が破損してしまいます。

「環境改善アイテム電磁番AZ」の構造

電磁波攻撃対策
電磁波攻撃対策
電磁波攻撃対策

★炭素粒子を大量に含む波動吸収板のあいだに特殊な電子回路がセットされています。

ご家族やお知り合いに、電磁波過敏症の方がおられませんか?

電磁波過敏症対策 電磁波による傷害(ハザード)について身近な問題として関心を持っておられる方も少なくないと思います。関心のレベルがどこにあれ、一方的に電磁波過敏症を否定し差別視することは許されることではなく論外だと認識しております。
ここでは2、3の重要なポイントに的を絞って海外情報などを紹介していますが、これらは国内でひろく社会問題として議論されていることではありません。健康被害があるとしても極わずかな少数意見でしかありません。 このあたりはタバコの健康被害やタバコ関連事業の背景と類似点があります。喫煙のリスクに対して個人がどう健康管理するかはあくまでも自己責任の問題であるのと同様に、現状では個人レベルで電磁波被爆からいかに身を守るかの、いわゆる「自己防衛」がもっとも重要と考えます。
現状において電磁波障害はまったく存在しないというのが権威ある学会や産業界を含めての社会一般の定説ということであれば、もとよりその科学的証明をここでもってやたら問う必要はないわけであります。 よって各種団体組織や「高圧送電線電磁波問題」には当方はまったく関知いたしておりませんので、この点はご承知置きください。


電磁波攻撃対策

ページトップに戻る